特別展「寿司ネタ大集合 ~水族館が斬る!寿司のいろいろ~」を開催します

2019.2.27.

日本人にとても馴染み深く、日本の食文化を象徴する食べ物「寿司」にスポットを当てた特別展「寿司ネタ大集合~水族館が斬る!寿司のいろいろ~」を以下のとおり開催します。当館飼育員が、寿司ネタとしての生物を水族館目線で紹介することを目的とし、6つのテーマに分けて「寿司」を紹介します。

開催期間  2019年3月16日(土)~2019年6月2日(日)
開催場所  南館2階 エントランスホール
観 覧 料  入館料のみで、ご覧いただけます。
特別展展示内容  
(1)寿司の王様「本マグロ徹底解剖!」
「本マグロ」の実物大レプリカを用いて赤身・中トロ・大トロの部位をわかりやすく紹介します。

(2)愛知の特産ネタ「愛知 ご当地 おいしいお寿司」
愛知県内の水産業と「寿司」と絡めて展示します。
生物展示:クルマエビ、ニホンウナギ、トラフグ、アサリ など

(3)ご当地寿司の紹介「ご近所寿司めぐり」
名古屋から近隣にある各地方の特色あるご当地寿司の紹介
と利用される水族の生体展示をします。
・サンマ押し寿司:熊野灘周辺
・ふな寿司:琵琶湖周辺
・もろこ寿司:西尾張地方
・かぶら寿司:石川県加賀地方・富山県西部 
展示生物:ニゴロブナ、タモロコ など

(4)水族館的寿司ネタ「泳ぐ寿司ネタ」
一般的な寿司ネタとしてポピュラーな水族を、飼育員ならではのエピソードとともに、展示します。
展示生物:マダイ、カワハギ、マアジ、スズキ、ミルガイ など

(5)創作寿司「完全新作!水族館寿司」
実食できる水族を用いて作った新作寿司をレプリカで展示し、その水族の生体も展示します。寿司の形にまで調理する様子を、小型モニターにて、メイキング映像として放映し、飼育員自らが実食した感想も含めて解説します。
展示生物:ヒメイカ、ヒメシャコガイ など

(6)大きさ比較「世界最大は何貫分!?」
 世界最大の二枚貝「オオシャコガイ」と世界最大の節足動物「タカアシガニ」を実際に寿司ネタに利用したら、何人前の寿司になるのか、それぞれを「ホタテガイ」、「ズワイガニ」と比較します。実際の数の食品サンプルを並べて展示することで視覚的に実感していただきます。
※ 生物の状態により、展示が変更となる場合がございます。

館内レストラン・フードコート コラボメニュー

レストラン アリバダ(南館2階)
「洋風チラシ寿司」 1,380円(税込)

フードコート「トータス」(南館3階)
「カニちゃんミニちらし寿司」 780円(税込)