2014/9/25

偉大なる生命に出会う「オーストラリアの水辺」
偉大なる生命に出会う「オーストラリアの水辺」

偉大なる生命に出会う「オーストラリアの水辺」

独自の生態系を築き上げた生命のたくましさ、進化の歴史を伝える大陸特有の生き物たち。

南館3F オーストラリアの水辺
南館3F オーストラリアの水辺

大陸の変化が生んだ進化

大陸の変化が生んだ進化
大陸の変化が生んだ進化

ドイツの気象学者アルフレッド・ウェゲナーの「大陸移動説」によると、およそ2億年前、地球にはパンゲア大陸というひとつの大きな大陸があるだけでした。
それがマントルの動きによってふたつに分かれたのが1億3,500万年前。大陸は更に分裂、移動し、オーストラリア大陸は5千万年前に誕生しました。
幸いなことに、オーストラリア大陸には高等な哺乳類が殆ど入り込まなかったため、コアラやカンガルーなどの有袋類、カモノハシなどの単孔類といった原始的な哺乳類が生き残り、環境に適応して独自の進化を遂げました。

緑生い茂る、現地の大自然を再現
緑生い茂る、現地の大自然を再現

オーストラリア熱帯域の川辺を再現した水槽です。現地で生育している植物たちをそのまま使用しています。
熱帯気候の地域では、スコールと呼ばれる豪雨や雷を伴う激しい気候変化が見られます。できるだけ自然に近い環境で生き物の姿を見ていただけるよう、水槽内では定期的にスコールを再現し、1分間に500リットルもの雨を降らせています。

ここで会える!
ここで会える!

オーストラリアの水辺の仲間たち

ホームへ先頭へ前へ戻る