2014/9/24

ウミガメの繁殖
ウミガメの繁殖

ウミガメの繁殖

儚くも力強い、生命の神秘

儚くも力強い、生命の神秘
儚くも力強い、生命の神秘

人類が地球上に出現して以来、多くの生物が姿を消していきました。ウミガメ類もまた、種の存続が危ぶまれている絶滅危惧種として知られています。
名古屋港水族館では、開館以来ウミガメ類の繁殖を目的とした取組を行っています。さらにこれを基軸としてお客様に生命の神秘、連鎖を理解していただき、同時に種の保存、環境保護の重要性を訴えています。

ウミガメが産卵する人工砂浜

3Fの回遊水槽の脇には、ウミガメが自由に上陸できる幅約5m、奥行き約20mの人口砂浜を設けています。砂場の昇り口には赤外線センサーが取り付けてあり、上陸の有無がすぐに確認可能です。
春から初夏にかけてはウミガメの産卵シーズン。夜間に上陸して卵を産んだ際にできるキャタピラのような這った跡が見られます。

ウミガメが産卵する人工砂浜
ウミガメが産卵する人工砂浜
卵の掘り出し説明会(随時開催)
飼育員の説明による作業
飼育員の説明による作業
初めて触る卵に興奮!
初めて触る卵に興奮!

ウミガメ回遊水槽とつながる人工砂浜で、卵の掘り出しを行って解説します。卵にも触れていただけます。

ホームへ先頭へ前へ戻る