2014/9/24

アザラシの体の秘密
アザラシの体の秘密

アザラシの体の秘密

泳ぎに特化した体

アザラシは顔とあしに特徴があります。
まず、アザラシは「鼻呼吸」をします。水中では鼻の穴は閉じており、息を吸うときは水面に鼻の穴を出して呼吸しています。
また口の周りにたくさん生えている「ひげ」には、たくさんの知覚神経が通っています。私たちが手で触って物を確かめるのと同じように、ひげを使って物を探るのです。
前あしと後ろあしは5本指でそれぞれ爪があり、ひれのようになっています。水中では後ろあしを左右に動かして華麗に泳ぐことができます。陸上では前あしとお腹を使ってイモムシのようにはって移動します。

ひげと歯
ひげと歯
アザラシの手足
アザラシの手足

オスとメスの見分け方

お腹をよく観察してみるとオスとメスが見分けられます。
お腹の真ん中より少し下におへそがあるのですが、メスにはそのおへその少し下に左右にひとつずつおっぱいがあります。乳首は体の中にしまわれていて見えませんが、よく見るとおっぱいのあるところに、針でさしたような小さな穴があります。
オスにはおへその真下にペニスが隠れている穴があります。しかしどちらも普段はゴマ模様にかくれているので見つけにくいです。

左がオスで、右がメス
左がオスで、右がメス



ホームへ先頭へ前へ戻る