2018/4/3

平成29年度の入館者数が歴代2位の記録となる220万人を突破しました

2018.4.3.

平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の名古屋港水族館の入館者数が、220万人を突破し、2,221,822人を記録しました。これは平成5年度に続く、歴代2位の記録となります。
好調となった要因としましては、『でら近っ!「ごまちゃんデッキ」』のオープン効果や、特別展「くらげの刻」や「カメ、知ってる?」など多彩な特別展の開催、当館で誕生したアデリーペンギンが飼育員の肩に乗ったことがSNSで話題になったこと、シャチの「アース」と「リン」がメインプールに登場し、豪快なジャンプを披露できるようになったことなど、魅力ある生物展示やイベントの展開、広報効果が挙げられます。また、外国人観光客が増加したことも要因と思われます。平成30年度も名古屋港水族館は、皆様に愛され魅力があふれる施設となるよう、これからも努力してまいります。

『でら近っ!「ごまちゃんデッキ」』の新規オープン
『でら近っ!「ごまちゃんデッキ」』の新規オープン
多彩な特別展の開催
多彩な特別展の開催
「肩乗りペンギン」がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で話題に
「肩乗りペンギン」がSNS(ソーシャル・
ネットワーキング・サービス)で話題に
シャチの「リン」、「アース」がメインプールに登場!
シャチの「リン」、「アース」がメインプールに登場!

ホームへ先頭へ前へ戻る