2016/03/29

学校法人名古屋学院大学と公益財団法人名古屋みなと振興財団は連携協定を結びました

H28.3.29

公益財団法人名古屋みなと振興財団は、名古屋学院大学との連携に関する協定書を調印しました。本協定は、名古屋港ガーデンふ頭を中心としたエリアと名古屋学院大学(名古屋キャンパス)がある熱田区の地域活性化に取り組むことを目的としています。

具体的な連携事例(予定)
(1)名古屋学院大学外国語学部に所属する学生・外国人留学生・教員が協力して、名古屋港水族館パンフレットの英語翻訳や音声ガイドのENGLISH VERSIONなどを作成します。今秋には、同大学留学生の英語音声ガイドが流れる予定です。
(2)同大学商学部の「ITによるまちづくり」を学んでいる学生たちを中心に、名古屋港水族館のPRビデオを制作します。高画質で撮影できる機材を利用して、水槽内でイキイキと泳ぎ回る魚を臨場感あふれる映像で収録し、市民や観光客の皆さんへ情報発信しています。こうした活動を通して、名古屋港ガーデンふ頭を中心としたエリアと名古屋学院大学(名古屋キャンパス)がある熱田区の地域活性化を目指します。

(公財)名古屋みなと振興財団 山田 孝嗣 理事長(左)、名古屋学院大学 末安 堅二 理事長(右)

ホームへ先頭へ前へ戻る