2015/4/28

ブタバナガメの赤ちゃんを展示します

H27.4.28

名古屋港水族館で飼育しているブタバナガメ(別名スッポンモドキ)の赤ちゃんが、昨年に引き続き誕生しました。

子供の日にちなんで、4月29日から南館3階オーストラリアの水辺で展示します。

そのかわいらしい姿をぜひご覧ください。

生まれたばかりのブタバナガメの赤ちゃん
生まれたばかりのブタバナガメの赤ちゃん
親ガメ個体番号 産卵日 孵化日 孵化個体数
Ci-02 1/27 4/25 5

ブタバナガメは、オーストラリア北部とニューギニア島南部のごく限られた熱帯の淡水域に生息しており、分類的にほかに近いものがいない1科1属1種の珍しいカメです。
ヘルメットのような甲羅と、その名の通りブタのような鼻が特徴です。淡水産のカメの中では大型で、甲羅のおおきさが50cm、体重は20kgを超えるものもいます。
当館では、2009年に「繁殖賞」を受賞しました。

ホームへ先頭へ前へ戻る