2017/10/13

放流しました!アカウミガメの赤ちゃん

2017.10.13.

海に向かっていくアカウミガメの赤ちゃん(甲長約5㎝)


今年もアカウミガメの繁殖シーズンが無事終了しました。6月から7月にかけて1頭の母ガメが3回、計321個の卵を産みました。卵の一部は他の水族館へ譲渡され、そこでのふ化も合わせると子ガメ誕生は合計203頭となりました。生まれた子ガメの多くは、野生のアカウミガメの産卵地である赤羽根海岸(愛知県渥美半島)より放流しています。産卵地を守っていく啓発活動として、地元の環境保護団体や小学校と協力して放流会を実施しました。合わせて98頭の子ガメたちが元気よく旅立っていきました。

8月6日
ウミガメ保護団体「あかばね塾」主催のイベント、
エコ・オリエンテーリングに参加した方と一緒に放流しました。

9月22日
放流会で、田原市立赤羽根小学校の児童の皆さんに
ウミガメと自然環境ついてのレクチャーを行いました。

ホームへ先頭へ前へ戻る