2016/10/08

アカウミガメの子ガメを放流しました

H28.10.8.

海へ向かっていく0歳のアカウミガメ Caretta caretta


9月14日、愛知県渥美半島の赤羽根海岸より、名古屋港水族館生まれのアカウミガメを放流しました。今回の放流は、地域連携事業の一環として、ウミガメを取り巻く環境の保全について理解を深めていただくために、地元の田原市立赤羽根小学校の2年生から4年生の児童と一緒に行われました。
今年生まれ(0歳)の51頭と昨年生まれ(1歳)の3頭の子ガメたちは、児童らの大きな声援を受けながら、無事大海へと旅立っていきました。

子ガメたちはそっと砂浜に置かれると、一生懸命海へと向かっていきました。

子どもたちに放流したウミガメが卵を産みに戻ってくるまでには長い年月がかかること、ウミガメが卵を産み誕生する砂浜を守り続けることの大切さを話しました。

ホームへ先頭へ前へ戻る