2016/6/12

ウミガメの放流を行いました

H28.6.12.

船に備え付けられたクレーンで海へ下ろされたタイマイ Eretmochelys imbricata


5月19日~22日に愛知県立三谷水産高校の実習船“愛知丸”に乗船し、ウミガメの放流を行いました。今回は高知県足摺岬沖でアカウミガメの子ガメを5頭、沖縄県那覇沖でタイマイ2頭を放流しました。
航海中は天候が崩れたこともあり、立っていられないほど船が揺れることもありましたが、船員さんや生徒さん達の協力もあり、ウミガメの世話や放流をスムーズに行うことができました。海へと降りた
ウミガメたちは、別れを惜しむ私たちをよそに、一目散に大海原へと泳ぎだして行きました。

アカウミガメの子ガメと触れ合う生徒たち
船上ではウミガメの様子を定期的に見ながら、
体が乾燥しないように海水をかけるなどの世話をしました。

アカウミガメの子ガメたちはロープで海面まで下ろし放流しました。
旅立っていった子ガメたちが大きく育つことを願っています。

ホームへ先頭へ前へ戻る