2016/04/15

食欲旺盛!? ダイオウグソクムシ

H28.4.15

餌のアジに向かっていくダイオウグソクムシBathynomus giganteus


2015年11月に名古屋港水族館にやってきた新入りのダイオウグソクムシ。以前から飼育していたもう1匹に比べ、体表がなめらかで目も澄んでいるため、脱皮後間もない個体なのかもしれません。体は一回り小さいのですが、アジ、ニシン、イカナゴ、イカなどをこれまでに7回与えてきたところ、毎回食べる様子が観察
されています。ただ不思議なことに、これだけの量を食べているのに未だ糞が確認できていません。イカの
吸盤くらいは出てきてもよいと思うのですが…。今後も月1回程度の餌やりを行いながら注目していきます。

一番好きな餌はイカ?
全ての足を動かし、食らいついていくこともありました。

食べられた後のイカの足。
与える前後で餌を比較し、食べた量を把握します。
与えるごとに、だんだんと食べる量は少なくなっているようです。

ホームへ先頭へ前へ戻る