2015/11/18

アカシュモクザメを展示しました

H27.11.18

アカシュモクザメ Sphyrna lewini

11月10日、アカシュモクザメ5尾を「黒潮大水槽」に搬入しました。頭がカナヅチのような形をしていて
人気のある魚ですが、水槽の中ではそれが災いして壁などにぶつかりやすく、飼育が難しいと言われています。今回搬入した個体は鹿児島県南さつま市の生け簀で夏から飼育され、すでに周りを囲まれた空間に十分慣れているものです。輸送中も活魚車の水槽の壁にぶつからないよう器用に小回りして泳いでおり、飼育係も一安心。
全長1mほどの小さな個体ばかりですが、大きく育って黒潮大水槽の主になりそうな予感がします。

生け簀から取りあげる様子
アカシュモクザメの目を傷つけないように柔らかい生地でできた担架を使用しました。

活魚車に積み込み、鹿児島から名古屋まで陸送します。およそ13時間かけて水族館にやって来ました。

ホームへ先頭へ前へ戻る