2015/09/20

長期飼育を目指して!ノコギリザメ

H27.9.18

ノコギリザメPristiophorus japonicus

ノコギリを備えたような特徴的な姿で人気のノコギリザメは、なかなか餌を食べないため長期飼育の難しい魚です。現在展示している個体は、今年の5月に鹿児島県枕崎沖の底引き網にて水深約300mのところから採集しました。飼育を開始して以来、餌の種類はもちろん、切り方や大きさを変えたり、
与える時間を変えたり…。毎日根気よく餌付けを試みた結果、安定して食べるようになってきました。
長期飼育に向けたハードルを一段越え、ほっと胸を撫で下ろしているこの頃です。

現在はアジやイカの切り身、エビのむき身などを与えています。
安定して食べるまでは、ノコギリザメのちいさな口に確実に当たるよう、水温10度の水槽に潜って餌を与えます。

このノコギリを素早く振り回し、小魚などの獲物を切りつけて食べると言われています。本来の食事シーンを水槽でも見られるようにしたいです。

ホームへ先頭へ前へ戻る