2015/6/9

力強く旅立て! ウミガメたち

H27.6.9

愛知丸の甲板で放流の時を待つアカウミガメ Caretta caretta

5月21日~24日に愛知県立三谷水産高校の実習船“愛知丸”に乗船し、ウミガメの放流を行いました。これはウミガメに外部標識(タグ)を装着して放流し、回遊経路の解明や、野生復帰の可能性を探る試みです。名古屋港水族館で昨年生まれた子ガメ10頭を含む、アカウミガメ19頭を、高知県足摺岬南方約60kmの地点で黒潮の流れに乗せて放流しました。また今回はタイマイ2頭も沖縄県那覇市の北方の海域で放流しました。旅立っていったウミガメたちが荒波の中たくましく成長してくれることを願っています。

実習船“愛知丸”からの放流は、今回で7回目になります。
放流までの間に、乗船している学生たちにウミガメの講義を行いました。

いざ放流!ウミガメをロープのついたカゴに入れ替え、船上からゆっくりと海水面まで降ろします。

ホームへ先頭へ前へ戻る