2015/2/6

生きたサンゴの大型水槽「ライブコーラル」誕生!

H27.2.6

ミドリイシの仲間、ハナガササンゴの仲間、ハナヤサイサンゴの仲間など
ミドリイシの仲間、ハナガササンゴの仲間、ハナヤサイサンゴの仲間など

多種多様な生き物たちがくらすサンゴ礁を再現した「ライブコーラル(生体サンゴ水槽)」。大きさは横5m、
奥行き3.2~5m、深さ1.9mで、飼育水は名古屋港の海水を利用しています。現在約20 種250 点の
生きたサンゴを展示しているほか、サンゴが健康に育つように魚やヤドカリ、ナマコたちも水槽に入れて
います。彼らはサンゴの成長を妨げる藻や堆積物・サンゴが出す粘液などを食べ、サンゴの隙間を泳ぎ
水流を起こしてくれます。生き物たちが互いに関係し合いながら成長していく“サンゴ礁”を目指します。

サンゴを配置する時は、傷がつかないよう注意を払います。さらに個々のサンゴが住みやすいよう、光や水流の強さにも気を配ります。

サンゴの枝の隙間を泳ぐミスジリュウキュウスズメダイ。まるで自然の海のサンゴ礁を見ているようです。

ホームへ先頭へ前へ戻る