2019/1/17

セルフィンスコルピオンの卵を見てきたよ

2019.1.17.

へんカワ展のセルフィンスコルピオン。
名前のとおり、背ビレが長いのが特徴です。

正面から見ると愛嬌があります。僕みたいに。
カイオー飼育担当:・・・・・

12月のはじめに卵を産みました。

きれいなオレンジ。イクラみたい。
イクラというのはロシア語で「魚の卵」のことだから間違ってはいない。

 

最近では発生が進み、体や眼が出来てきました。
ちょっと残念なことはへんカワ展開催中(1月20日まで)にはふ化しそうもないことです。
卵径は1.5mm程だけど目をこらして眼を見てみてね。

ホームへ先頭へ前へ戻る