2016/2/2

明日は節分

H28.2.2

節分の風習のひとつに柊鰯(ひいらぎいわし)があります。柊の葉っぱの鋭いトゲが鬼の目を刺し、鬼が家の門口から入るのを防ぎます。柊の葉っぱ、本当に痛いですよね。

そして、さらに焼いた鰯の頭の臭いで鬼を近寄らせないといわれています。
柊鰯の風習は、名古屋でも見ることができます。みなさんの地域ではどうですか?
「鰯の頭も信心から」というのはこの柊鰯が元になっていると言われているんだよ。

残念ながら今は展示してないけど、魚にもヒイラギはいます。植物のヒイラギは木偏に冬、魚のヒイラギは魚偏に冬(鮗)というのは面白いですね。魚のヒイラギもヒレにトゲがあり素手で触るのは要注意。

鰯の匂いに弱いなんて、鬼くんは軟弱だね~ぇ。
僕は焼いた鰯は大好き!

ホームへ先頭へ前へ戻る