2015/8/28

水族館前の芝生には その2

H27.8.28

水族館前の芝生にはヤハズソウが生えています。

せいぜい1~1.5cmのヤハズソウの葉っぱですが

こんなふうに葉っぱの根元を持って葉先を引っ張ると
(カイオーとの大きさは無視してください)

おーーっ!?あら不思議!?

こんなふうに矢筈(やはず)型にちぎれます!
プチプチやってると時間を忘れてしまいそう。

カイオー飼育担当:あ~、またサボっていたんですね。晩御飯抜きです!
カイオー:そ、そんな筈では・・・

ヤハズソウは漢字で書くと矢筈草。マメ科ハギ(萩)属の雑草です。
この様に葉っぱの切れ方が矢筈型に“く”の形になるのでこの名があります。
矢筈の筈ですが、弓矢の弦につがえる部分を“筈”と言います。
筈が弦にかかるのは当然のことなので、当然のことを“はず(筈)”と言うようになりました。
それで、当然で思ってもみなかったことを“そんなはず(筈)では”というようになったと言うことです。

みなさんも、この草を見つけたら葉っぱをちぎって試してみてくださいね。

ホームへ先頭へ前へ戻る