2019/10/6

ヒラメ
ヒラメ

ヒラメ

体の左側に目があるのがヒラメ

体の左側に目があるのがヒラメ

ヒラメはカレイに似た体形をしていますが、目が体の左側に寄っていることで見分けることができます。口は大きく、鋭い歯を持っており、小魚などを捕食しやすいようになっています。昼間は海底の砂の色に合わせて体色を変化させ、砂の中に隠れているため、見つけにくい魚です。
孵化した時は体の両側に目がついており、泳ぎ方も一般的な魚と変わりがありません。体長1㎝ほどになると右目が左に動き出し、体の左側に両目が並ぶころには海底での生活に移行します。

ヒラメ:どこにいるかわかるかな?
ヒラメ:どこにいるかわかるかな?

※ご来館時に展示していない場合もあります

【英名】
Bastard halibut
【学名】
Paralichthys olivaceus
【分布】
沖縄県を除く日本各地
【水槽】
日本の海

ホームへ先頭へ前へ戻る