2014/09/01

イラ
イラ

イラ

ひょうきん顔の大型魚

体のいろんな特徴が名前の由来

出っ張った額と、丸くてどこかひょうきんな顔とは裏腹に、口をあけると大きな犬歯があります。英名の「tuskfish(牙の魚)」はこの歯が由来です。
ベラの仲間では大型で約45cmになります。イラも、他のベラ同様、普段は胸ビレで鳥が飛ぶように泳ぎます。
胸ビレの付け根から斜め後ろに、黒っぽい筋と白っぽい筋の模様があります。英名の「Scarbreast(胸の傷跡)」はこの模様からつけられました。
生きているときは青の蛍光色がうろこの中心部や、頭部、体の輪郭などに見られますが、死んでしまうと消えてしまいます。
地味な魚が多い伊勢の海コーナーの中ではひと際目立つ存在となっています。

イラ
イラ
【英名】
Scarbreast tuskfish
【学名】
Choerodon azurio
【分布】
南日本、台湾、朝鮮半島、シナ海
【水槽】
日本の海

ホームへ先頭へ前へ戻る