2014/9/1

クラカケザメ
クラカケザメ

クラカケザメ

生きた姿を見られることが貴重

背中にある乗馬用の鞍模様が名前の由来

南日本の太平洋沿岸の水深250〜320mの海底に生息する日本固有のサメです。ジンベエザメと同じテンジクザメ目に属し、口が目より前方にあります。体が細長くヒゲが口の後方にあるのが特徴です。
大きくても全長60cmほどにしかならず、雌は全長40cmほどで成熟し、細い繊維状の附着糸が密生した長さ5cm、幅3cmほどの卵を2個産みます。 名前の由来は、背中の模様が乗馬用の鞍のようであるためと言われています。

クラカケザメ
クラカケザメ

水族館での飼育自体が珍しい

クラカケザメ
クラカケザメ

詳しい生態はわかっておらず、水族館で飼育されることも非常に珍しいサメです。飼育下では、頭部を持ち上げ「く」の字型の姿勢でいることが多いようです。このように生きた姿が見られるのはとても貴重なことです。

※ご来館時に展示していない場合もあります

【英名】
Saddle carpetshark
【学名】
Cirrhoscyllium japonicum
【水槽】
深海ギャラリー

ホームへ先頭へ前へ戻る