2014/09/01

アデリーペンギン
アデリーペンギン

アデリーペンギン

目の周りの白い縁取り模様が特徴

テレビのCMやお菓子のキャラクターなどのモデル

ヒゲペンギン、ジェンツーペンギンと同じPygoscelis属に属し、尾羽が長いことがこの属の特徴となっています。
アデリーペンギンの体色は白と黒で、目の周りの白い縁取り以外には特に模様がありません。テレビのCMやお菓子のキャラクターなどのモデルとしてもよく使われるペンギンです。

アデリーペンギン
アデリーペンギン

若鳥はアゴの下が白い

アデリーペンギン
アデリーペンギン

繁殖期には、小石を集めて作った巣の中に通常2個の卵を産みます。名古屋港水族館では10月下旬ごろから卵を抱く姿を見ることが出来ます。卵は35日ほどでかえりますが、卵を抱くのもヒナの世話も雄と雌が交代で行います。ヒナはフワフワとした綿羽でおおわれており、水に入ることはできません。約2カ月で、綿羽から親と同じ羽毛にはえ変わると、泳げるようになり巣立ちします。
卵からかえって1年目の若鳥は成鳥と違いアゴの下が白くなっているため、容易に区別することができます。水槽でよく探してみてください。

【英名】
Adelie Penguin
【学名】
Pygoscelis adeliae
【水槽】
南極の海 ペンギン水槽

ホームへ先頭へ前へ戻る