2014/08/28

バンドウイルカ
バンドウイルカ

バンドウイルカ

じゃれ合う姿に頬がゆるむ

日本の水族館で一番多い「バントウイルカ」

世界中の暖かい海に分布していますが、地域によって体の大きさや体色などに差があります。
日本の近くで見られるものは体長およそ3m、体色は濃いグレーです。水族館では主にサバ、ホッケ、イカなどを与えていますが、野生ではもっといろいろな種類の魚を食べています。

イルカパフォーマンスもお見逃しなく!
イルカパフォーマンスもお見逃しなく!

音と触れ合いのコミュニケーション

バンドウイルカ
バンドウイルカ

群れを作って暮らし、協力しあって狩りや子育てを行います。そのために仲間どうしのコミュニケーションが活発に行われます。「ピーピー」「ニャア」といったさまざまな音を出して、仲間どうし連絡をとりあいます。そのほか接触によるコミュニケーションも行われます。ヒレでお互いの体を触りあったり、口の先でつついたり……。水族館でもそんな様子を見ることができます。

【英名】
Bottlenose dolphin
【学名】
Tursiops truncatus
【分布】
世界中の暖かい海
【水槽】
イルカプール

ホームへ先頭へ前へ戻る