2020/1/31

海のねずみってなに??

2020.1.31. ボランティアコーディネーター:山本 千明

ボランティア主催の“おはなし会”を開催しました。
1月恒例の「十二支のはじまり」の他、今年の干支「ねずみ」にちなんだお話もありましたよ。

生き物に触れることのできる「タッチタンク」で人気のナマコのお話「ナマコのうんどうかい」。
実はナマコはねずみと深~い関係があるのですが分かりますか?

そう、ナマコを漢字で書くと、「海鼠」、つまり「海のねずみ」と書くのです!
このように、聞いているだけでナマコのことがたくさんわかるこのお話は、ボランティアが作ったオリジナルストーリーなんですよ。

そして、「十二支のはじまり」のお話では、大きな絵巻が登場。
たくさんいる生き物のうち、どうやって十二支が選ばれたのでしょう?そしてちいさなねずみはなぜ1番なのでしょう?物語が進んでいくにつれてその謎が解けていきます。

「みんなの干支は何かな?」という質問に元気よく答えてくれます。
 みんなちゃんと自分の干支を知っていてすごいね!

最後はおはなし会オリジナルキャラクター、ペンギンのピーゴと一緒に記念撮影!
みんなの笑顔に見ているこちらも元気になりました!

ボランティア主催のイベントはこれからも実施する予定です。開催のお知らせは水族館ホームページのイベント案内にてご確認ください。
みなさんのご参加をお待ちしています。
参加して下さった方々、ありがとうございました。

ホームへ先頭へ前へ戻る