2018/06/13

羅臼でシャチ調査(1)

2018.6.13. 飼育展示第三課:加古 智哉

2018年5月13日から5月18日まで北海道目梨郡羅臼町でのシャチの調査に参加してきました。
この調査は北海道シャチ研究大学連合(Uni-HORP)が毎年行っているものです。今回,名古屋港水族館からは初めての参加となりました。目的は野生のシャチの観察を通じて,今後の飼育と展示の参考にしよう!というものです。

羅臼町に着くと,オオセグロカモメが出迎えてくれました。ハトやスズメはほとんどいません。

後ろには羅臼岳と知床連山が広がっています。この上の方の雪は年中融けないそうです。

街から少し離れたところには「クジラの見える丘公園」があります。
展望デッキがあるので早速探してみました。すると…

拡大したもの
拡大したもの

真ん中あたりにクジラの噴気が!見えますか?ナガスクジラのものと思われます。奥にうっすら移っているのは国後島です。

余談ですが,調査期間中に桜が満開になりました。羅臼町にはちょうど春がやってきたところでした。

ホームへ先頭へ前へ戻る