2017/11/21

今年もヒナが産まれました!

2017.11.21. 飼育一課:東山崎のぞみ

繁殖シーズン真っ最中のペンギン水槽ですが11/2に今シーズン初のヒナがふ化しました。
今年のヒナ第1号はヒゲペンギンです!次の日にもう1羽産まれ、現在2羽います。
ヒゲペンギンのヒナは体が白っぽい灰色で、まだヒゲ模様もありません。

生まれたヒナたちは親のおなかの下で大事に抱きかかえられています。
親は交替でヒナにエサを与えて世話をします。
ふ化したときヒナの体重は約80gでしたが、1週間たって約200gになりました。

両親ともヒナの世話がしたい様子。
両親ともヒナの世話がしたい様子。
ヒナ、石が気になる?
ヒナ、石が気になる?

もう1羽のヒナは顔を出してくれませんでした。親のおなかの下におしりがちょっと見えてます。

水槽の一番高い岩場とその下にこのヒナたちがいる巣があります。
肉眼ではなかなか分かりにくいかもしれませんが、展示面のモニターで巣をアップにして映していますので、ヒナが餌をもらっているときに顔が見れると思います。

ヒナはこれから約2か月間、親に守られながら成長します。2か月たつと親と同じ大きさになり羽も大人の羽に生え変わるので、ふわもこのヒナを見れる期間はかなり短いです!
ぜひかわいいヒナの姿を見に来てください!

(※9/30のブログで紹介したアデリーペンギンの卵は、残念ながらふ化しませんでした。毎年、産卵されても未受精などの理由でふ化しない卵があります。)

ホームへ先頭へ前へ戻る