2017/10/11

小さい出来事、大きな第一歩。

2017.10.11. 飼育一課:藤原光波

全世界の皆さん (火星人も可) に聞いていただきたい。
今さっきの出来事です。忘れられないあの瞬間。興奮治まらない!!
お久しぶりのダイオウグソクムシのお話です。

何が起こったかって?
なんと、餌を、食べてくれたんです。
誰が?ダイオウグソクムシが。
「あぁ、いつも食べてくれるもぐりんがね。」そう思ったあなた!
違うんです。名古屋港水族館にやってきてくれて以来、
一度も餌を口にしなかった、あの、‘もぐりんBrothers!!’の、『もぐ二郎』が、、
餌を、食べてくれたんです!!!!(←ここ、めっちゃ盛り上がるところ。)

ほんとにほんっとーに、とっても嬉しかったです。
嬉しさのあまり飼育員同士、お客様の前で「いぇーい」とハイタッチをしてしまいました笑
(その場にいたお客様:「あっそんなに、す、すごい事なんですかぁぁ~!?(目真ん丸)」笑)
このブログを見てくださった方もきっと、鳥肌が、、ぶわぁぁぁぁぁぁ、、、、、、。
っっっと、なった事でしょう。。。(大丈夫、きっと皆さん鳥肌たったはず)

前置きがとても長くなってしまいましたが
今回与えた餌は、内臓付きのイカゲソ506g(左)そして前回と同様、殻つきエビ13g(右)です。

実は今回、もぐ二郎が食べてくれたのは、殻つきエビの方。ほんの一瞬の出来事でした。
そのため撮れた写真はこれだけ。(赤丸が殻つきエビ)

そして実は、食べたのはたったのこれだけ。

↑食前
↑食前
↑食後
↑食後

グラム数で言いますと、、、

1グラムしか減っていません。なんだこれだけか、そう思うかもしれませんが、
これは私たち飼育員にとって大きな第一歩。
大げさな題名かもしれませんが、ほんとに大きな出来事なんです。
今日は食べるか、今日は食べるか、と、ずっと見守ってきたからこそ、
ようやく、やっと食べてくれて、鳥肌が半端じゃ無かったです。

そしてもぐりんにもある変化が、、
イカをついに全く食べてくれなくなりました。
実はこれ、もしかすると、脱皮の兆候かもしれないんです!!
プラスに考え、その瞬間を待つのみです。

さらにもう一つ、ぜひ皆様に見ていただきたい写真がこちら。
左もぐ二郎 右もぐりん

なぁにぃこぉれぇぇぇぇぇ(*´▽`)♪
お家でじゃれあって遊んでる小学生の男の子たちに見えるのは私だけですかぁ♪?笑
おやつあるわよ~って扉開けた瞬間、そのままの体勢から顔だけこちらに向けて
はーいって返事している小学生男子じゃないですか?これ完全に。笑笑
ん~、私だけでしょうか?でもまあ、ベストショットであるのは間違いないでしょう(^^)v

次回、もぐ二郎が今回よりもたくさん餌を食べてくれることを祈って、
また次回に期待しましょう!!

ホームへ先頭へ前へ戻る