2017/5/10

人間観察

2017.5.10. 飼育三課:平野 友梨

シャチたちは、ガラス越しによくお客様のことを観察しています。もちろん、私たち飼育員のこともよく観察しています。そんなシャチたちの担当に、私は4月から配属されました。私が新人だということも、シャチたちはよく分かっているようです。初めて触ったときも、私がちょっと吻先を触っただけで水中にフェードアウトしていった個体もいます。そんなに分かりやすく拒否するんだー!…と、逆に笑ってしまいました。そこでシャチに私のことを知ってもらおうと、シャチの様子を見ながら触る練習をしています。
顔を撫でたり…

背中を掻いたり…

舌も触ります!

先輩飼育員の時は「もっとー!」と言わんばかりに背中や尾ビレを寄せてきますが、私の時はこちらの様子をチラチラと見ながら、控えめに触らしてくれます。私が触ると、まだまだ腰が引けていて距離があります(^^;)
新人の闘いは、まだまだ続きそうです…

ホームへ先頭へ前へ戻る