2016/12/27

ペンギンのはし打ちからふ化

H28.12.27. 飼育一課:材津 陽介

ペンギン水槽からヒナのかわいらしい鳴き声が聞こえるようになりました。ペンギンは卵を産み、温め、その卵からヒナが産まれます。
さて、ペンギンがどんな風に卵からふ化するかご存知ですか?卵にヒビが入った!と思ったらすぐにパッカーンと割れてヒナが産まれてくる・・・そんな風に考えていた時期が私にもありました。今回、ジェンツーペンギンのヒナがふ化する瞬間を映像で撮ることができましたので、みなさんに紹介しましょう!
 まずヒナがクチバシで卵の中から殻をつつきヒビが入ります(これを「はし打ち」と言います)。そしてそこから穴を少しずつ広げていき、なんと約48時間もかけてふ化をするのです。

このヒナは現在、展示水槽で元気に育っています。2カ月もすると親と同じ大きさまで成長しますので、ぜひ見に来てくださいね。

ホームへ先頭へ前へ戻る