2016/9/1

サンゴのベッド

H28.9.2. 飼育一課:平野 友梨

サンゴ礁大水槽にいる魚たちは、いろいろなところに隠れたり、身を固定して休んでいます。
今日は、そんななかでも、サザナミフグの寝床写真集をご紹介しま~す。

▲サザナミフグのテーブルサンゴサンド。美味しくなさそうですね…(笑)

▲決して引っかかって動けないわけではありません。自分から挟まっています。

▲前から見ると…シャキーン。Vの字がいい感じに体を支えてくれています。

▲横から見ると…
枝サンゴの先が、かなりお腹に食い込んでいます。痛くないのでしょうか…

▲別の日はこんな感じ。
またお腹に深く食い込んでいますね。

▲また別の日はこんな感じ。
どこにいるか分かりますか?真ん中ですよ~

▲アップで見ると…なんか怖いです。目、合わせたくない(笑)

▲テーブルサンゴの下に潜り込むこともあります。

▲これはサザナミフグじゃなくて、サンゴの下に注目です。サンゴの下で、潰れたお饅頭みたいになってる魚がいますが、ヒトヅラハリセンボンです。皆、そんなに隠れたいのかなあ…

今までで一番笑ったのはこんな感じの時。
その時カメラを持っていなかったのでイラストで再現すると…

脳サンゴという、大きな丸いサンゴから頭だけを出して、手足を甲羅に引っ込めているカメみたいになっていました。

是非皆さんも、サザナミフグがおちゃめ?に休憩しているとこを探してみてくださいね♪

ホームへ先頭へ前へ戻る