2016/6/14

キンセンイシモチの驚きの産卵シーン

H28.6.14. 学習交流課:市川 隼平

キンセンイシモチが産卵しました!

が、その方法はかなり変わっています。
その特殊な産卵シーンを映像に収めましたのでご覧ください。

このように親が卵を口の中で守る繁殖方法を「口内保育」といいます。

卵を口にくわえているオスは上の写真のように下あごが角張っています。

口内の卵は発生が進むと眼が見えるようになります。
口内の卵は発生が進むと眼が見えるようになります。

キンセンイシモチは南館2階サンゴクローズアップ水槽で展示しています。
このようなオスをぜひ探してみてください。

ホームへ先頭へ前へ戻る