2016/5/26

南極-(1) ナンキョクオキアミ 祈る、おどる

H28.5.26 飼育1課:伊藤 美穗

ナンキョクオキアミが
えさを食べているところを見ていて、
胸のところの脚を合わせているのは
祈っているようだな、と思います。
くるっと回るところは、
おどっているようだな、と思います。

体重は、ほんの1gしかなく、
大きさも4cmほどですが、
ナンキョクオキアミは大量に食べられ、
結果、他の命を生かしています。
海に祈り、海とおどりながら。
そうして、命をつないでいます。

ひとつひとつの細い脚の、
繊細な動きが見えます。
もし、わたしの耳がよければ、
音だって聞こえるのでしょう。

世界中の水族館を探しても、
ナンキョクオキアミを見ることができるのは、
名古屋港水族館だけです。
彼らがえさを食べるところとは、
なんと特別なことでしょうか。

ナンキョクオキアミのえさは、植物プランクトンです。
この冷たいスープを毎日、夕方5時過ぎに与えています。

ホームへ先頭へ前へ戻る