2016/04/26

愛情のあるツッコミ。

H28.4.26 飼育1課:藤原光波

さて約一ヶ月が経ちました。ダイオウグソクムシのお食事の日~♪
前回内臓を少し入れてみたところ、予想外の食らいつきだったため、
今回はなんと!じゃかじゃか...っじゃん!!内臓丸々入れてみようと思います(^o^)/
いやいやこんなにたくさんは絶対無理でしょ^^;

写真のオレンジっぽい、橙色っぽい部分が内臓の「わた」です。
そして、いつの日かあげ損ねたエビによく似た仲間、オキアミ(写真左上)も少々。
まずはオキアミから♪えいっ!

興味を示し一匹食べましたが、すぐに背中を向けてしまいました。
そのため、今回は早い段階でイカを水槽へ入れましたよ。すると?

食らいつくまで一瞬でした。待ってましたと言っているかのようで、
勢いが...とにかく凄い。
そして、内臓は食べたのかについてですが...

このように内臓が水中をふわふわと漂っているのを確認。食べてますね。
よくよく見てみると?

内臓を飲み物のごとく、吸っております...ってジュースかよ!!!!笑

毎回毎回新しいダイオウグソクムシが見れて面白いですねえ。
ちなみに今回は、食べてはやめて、食べてはやめて、を4回繰り返し、
ふと時計を見てみると、約40分経過しておりました。笑

そんな中で、こんなダイオウグソクムシを見ましたよ。

一生懸命食べすぎて...
一生懸命食べすぎて...
体がどんどん横になってく...
体がどんどん横になってく...
でも大好きなイカから離れられなくて...
でも大好きなイカから離れられなくて...
最後には真っ逆さま。
最後には真っ逆さま。
 

って戻れないのかよ!!!!笑 おちゃめ。また今日も腹筋見せつけられました。

イカをあげると?

ゲソが2本、前回は食べなかった目玉を片方のみ。そして、内臓は...

なんと、丸々無くなってる!!絶対食べないと思ってたのに!驚きました。
あの量をよく食べたなあ~。いや吸ったのか。

これまで何度か餌を与えてきましたが、最近は特に
これが最後これが最後と思いながら与えております。
次はもう食べないかもしれない。そう思うと少し、さみしい気持ちになりますね。
次も食べてくれますように!

ホームへ先頭へ前へ戻る