2016/04/20

ウミガメお見合い大作戦!

H28.4.20.飼育1課:安藤友佑

先月のブログ(今年もウミガメの恋の季節がやってきました!)でウミガメの恋の季節が始まったとご紹介いたしましたが、今月ついに交尾が確認されました!
2014年まではウミガメ回遊水槽で交尾をさせていたのですが、この環境では1頭のメスが複数頭と交尾してしまうこともあり、生まれた子ガメのオス親がわからなくなってしまいます。また血縁関係のあるウミガメ同士が交尾してしまう可能性もあります。そこで、昨年から計画的に繁殖させるために、水族館に隣接する“カメ類繁殖研究施設”でペアリングをさせ、交尾させようとしました。その具体的な方法は4つに仕切ることのできる水槽の2区画にオスとメスをそれぞれ1頭ずつ入れ、時期を見計らってその仕切り板をはずす、といった方法です。それはまるで“お見合い”のようですね!

“カメ類繁殖研究施設”の水槽。この仕切り板をはずして“お見合い”をさせます。
“カメ類繁殖研究施設”の水槽。この仕切り板をはずして“お見合い”をさせます。

お見合いをさせる時間は半日から数日。3月に2回トライしてみるも、メスは全くオスに関心はなし・・・。4月に3回目のトライ!3度目の正直かと期待をしていましたが、この時もまったく交尾する様子もない・・。この日は一晩中“お見合い”させた状態(仕切りをあけた状態)にしてみました。すると翌日の朝確認してみると交尾をしているではありませんか!!
その時の様子がこちら。

“カメ類繁殖研究施設”の水槽では産卵できる環境ではないので、ウミガメ回遊水槽に移動させました。その時にエコー検査をしたところお腹に卵があるのが確認されました。

殻のある卵(有殻卵)があります。(矢印)
殻のある卵(有殻卵)があります。(矢印)

今年の夏もアカウミガメの産卵が期待できます!皆様楽しみにしていてください!

ホームへ先頭へ前へ戻る