2015/08/26

産まれは・・・植物のプランター!?

H27.8.26 飼育1課:小林

タイトルを見て「なんだって!?」と思った方、ぜひ7月14日投稿のスタッフブログをご覧ください!ナゾが解けるはずです。
南館3階「オーストラリアの水辺」の展示水槽内にある植物のプランターに産卵されていたことから、私が冗談で‘プランタン錦’と名付けた「ニシキマゲクビガメ」が8月17日の朝元気に産まれていました!

赤丸部分に子ガメがいます
赤丸部分に子ガメがいます

上の赤丸部分にご注目!!
いつ産まれてもいいように、周囲をネットで囲っていましたが1匹の子ガメはよじ登り・・・
脱走実行中のところを偶然発見し、無事4匹の子ガメを保護できました!

赤丸部分のプランターに産卵されていました
赤丸部分のプランターに産卵されていました
ふ化した後の卵の殻
ふ化した後の卵の殻

プランターで産卵されているのを発見したのが6月26日のことで、8月17日にふ化をしたので54日間見守り続けた卵から子ガメが産まれてくれたことがうれしかったと同時に安心しました。先輩赤ちゃんもこんなに大きくなりました♪
今後、展示が決定した時はお知らせしますのでお楽しみに!!

(左) 6月8日ふ化   約4.5㎝ 14g(右) 8月17日ふ化  約3㎝ 4.5g
(左) 6月8日ふ化   約4.5㎝ 14g
(右) 8月17日ふ化  約3㎝ 4.5g

ホームへ先頭へ前へ戻る