2015/08/02

採集はしてきたものの…

H27.8.2 飼育1課:坂岡

水族館で展示する生き物は採集できたらそれで終わりではありません。特に深海魚のような、私達とは全く異なる世界で暮らしていた生き物は、輸送を終え無事水槽に収容したとしても、いくつもの関門が待ち構えています。エサを食べさせることもその一つです。

これから、先日採集してきたノコギリザメに餌を与えてみようと思います。棒にイカの切り身を刺してトライです。さて、食べてくれるかな!?

そっと棒を沈めて、底にいるノコギリザメの口元に持っていきます。お願い!食べて下さい。

おおっと! エサに反応しました! ノコギリ状の口を左右に振りながらエサに向かってきます。

…ですが、今回は空振り。しばらくすると棒を嫌がって泳ぎ去ってしまいました。冷静に考えてみれば、自然界にイカの切り身は泳いでいないですからね。これからも、エサやりを工夫していきながら、一日も早くエサを食べてくれるように努力していきます。皆さん応援して下さいね。

ホームへ先頭へ前へ戻る