2015/6/10

世界でここだけ?

H27.6.10 ペンギン担当:東山崎

先日5/27のブログで紹介したとおりエンペラーペンギンが現在卵を温めています。前回さらっとメスのペンギンが卵を抱いていると触れましたが実はこれ(おそらく)世界で名古屋港水族館だけなのです。

野生のエンペラーペンギンでは卵を抱くのはオスだけです。卵をオスに渡したメスはエサを獲りに海へ戻っていきます。野生では卵を産んだ後、3時間以内にメスはオスに卵を渡すと言われています。また飼育下での記録を調べてみるとやはり「メスは卵は抱かない」と報告されています。

というわけでメスのエンペラーペンギンが卵を抱いている様子が見られるのは世界で名古屋港水族館だけです。(メスがオスを認めていないのかもしれないので良いことでは無いのかもしれませんが・・・)ぜひ見にきてくださいね。

右がメスです。足元の上に卵を乗せてお腹の皮をかぶせるのでたるんでいます。オス(左)はよりそうように横に立っていることが多いです。

ホームへ先頭へ前へ戻る