2015/01/17

珍種を探せ!サンゴ礁大水槽

サンゴ改修担当:星野(H27.1.17)

サンゴ礁大水槽は200種以上3000匹もの魚を展示する水槽です!
魚名板に載せきれない魚も何種類かいますのでその中でもなかなか他の水族館でも見られないような珍種を紹介します。

まずはこちら、テングハコフグ!頭部が天狗の鼻のように伸びたシルエットが非常に特徴的です!
沖縄の漁師さんに聞いたところ年に1~2匹しか獲れないとても珍しい魚だそうです。
そんなテングハコフグ、サンゴ礁大水槽に2匹います!

続いてはこちら!キンチャクダイの仲間、パソニファーエンゼルフィッシュ!グレートバリアリーフを中心とした海域に生息し、日本には棲んでいない魚です。
キンチャクダイの仲間の多くは派手な色や模様をしているのですが、パソニファーは体の大半が真っ黒、シブいですね!

そしてこちら、チョウチョウコショウダイ(幼魚)!クマノミにも似た模様とかわいらしい名前をしておりますが実は大きくなると模様がまったく変わってしまいます!
現在サンゴ礁大水槽には幼魚しかいないので大きくなったときの姿が気になる方は調べてみてください。

ホームへ先頭へ前へ戻る