2015/01/06

ナナ、臆病克服に向けて頑張れ!

ベルーガ担当:西本(H27.1.6) 

ベルーガのトレーニングでは、通常トレーナーはプールサイドに立っていますが、時にはプールに一緒に入ってトレーニングをすることもあります。
しっかり者の「グレイ」はトレーナーが水中に入っても、落ち着いてトレーニングできます。しかし、2007年に名古屋港水族館で生まれた「ナナ」は、トレーナーが水の中に入るだけでびっくりしてしまいます。ナナはトレーナーと遊ぶことが好きだったり、おもちゃでの遊び方を自分で考えたりと好奇心旺盛な反面、実は人一倍臆病な性格なのです。先輩グレイの姿を見て、「トレーナーが水中にいても大丈夫だ!」ということをナナが理解してくれば、そのうち落ち着いて色々な種目ができるようになるかな、と期待しています。

グレイは上手にトレーナーと握手していますが、ナナはおそるおそる胸びれをさしだしています。顔を水中に沈め、水中にいるトレーナーの動きを観察しています。

吻先でトレーナーの足の裏を押して進む、フットプッシュの練習です。ナナはグレイが隣にいると安心するのか、グレイの真似をして一緒に足を押すことができるようになってきました。

グレイからトレーナーの頭に「ちゅっ」。いつかナナからも・・・!

ホームへ先頭へ前へ戻る